事例紹介・最新動向

当社の最新ソリューション事例と、業界最新動向などお客様に役立つ情報を掲載しています。

地下水汚染未然防止のための構造と点検・管理に関する講習会レポート

リサーチ&デベロップメント事例

前回ご案内致しましたとおり、平成24年6月に改正水質汚濁防止法が施行され、有害物質を使用・貯蔵する工場・事業場に対して、地下水汚染の未然防止のため、構造基準の遵守や定期点検等が新たに求められております...

使っていた薬剤の記録を残すことが重要であることをご存知ですか?

最新動向

長らく使われていた工場も、海外移転や周辺の宅地化開発によって郊外に移転することも一般的となってきました。 当社でもそのようなお客様からのご用命を頂いて、閉鎖に関する一切の手続きを代行することがございま...

指定調査機関の指定取り消しと不動産取引について

最新動向

昨年幾度となくお話をしてきました土壌汚染対策法による指定調査機関についての話題ですが、今日現在で適格要件を満たしている事業者の数は638件となりました① 。 昨年12月21日時点で1,364件、法改正...

指定調査機関についての注意喚起

最新動向

昨年のニュースリリースで「不動産取引における土壌汚染調査実施時の指定調査機関選定のポイントとは?」という記事を紹介しましたが、今年の3月末で一部の指定調査機関は不適格となることをご存知でしょうか? 2...

公有地の拡大の推進に関する法律(公拡法)について

最新動向

不動産売買に際し公拡法の適用があることは少なくないですが、結構見落しがちなので注意が必要です。 公有地の拡大の推進に関する法律(公拡法)とは、地方公共団体等が公共の目的のために必要な土地を 少しでも取...

【首都圏】公営機関さまからのご依頼

ソリューション事例

A社様とB社様が不動産取引をされた後に、対象不動産から地中障害物が見つかり、双方のお考えや主張が異なっておりました。 双方の企業と関係ある公営機関さまから、どちらの主張が一般的なのかというお問い合わせ...

バイオエタノール生成実験を見学してきました

リサーチ&デベロップメント事例

先日、筑波大学の食品バイオマス工学研究室(北村豊准教授)にお邪魔してきました。 こちらの研究室では、農産物、食品、未利用資源・バイオマスなどの生物資源を原料として、それらを食品やエネルギー、工業素材等...

都市計画地域の種類によっては、環境改善が容易に出来ないことがあるのをご存知ですか?

最新動向

都市計画区域とは、都市計画制度の中で都市とされる範囲のことを指します。わが国の国土の25.7%が都市計画区域に指定されているのですが、実に人口の約92%がこの部分に住んでいるとされています。 今回は国...

不動産取引における土壌汚染調査実施時の指定調査機関選定のポイントとは?

最新動向

土壌汚染対策法の定めによると、土壌汚染調査をする業者は指定調査機関の指定を受ける必要があるとされています。 それに加えて、平成25年の3月末までに土壌汚染調査技術管理者試験という国家資格に合格した有資...

【全国】開発事業者さまの門番として。

ソリューション事例

開発事業者様の社外環境部門として、プロジェクトを担当される方は勿論、総務、法務、経営企画、経営層の方々に産官学の交流で得られた定期的に最新情報をお届けしております。 また、ご用地を買われる際には、環境...

ランドマネジメントは土地再生のための様々なソリューションをワンストップでご提供いたします。
土壌汚染問題を抱える土地でお悩みの企業様はお気軽にご相談ください。

このページの上部へ